FC2ブログ

2005年11月

ここでは、2005年11月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てぃーす(/・ω・)(/・ω・)


いつも見に来て下さる皆様!


本当に有難う御座います´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ


みなみがネタ無しだと言うと、助けてくれたり…


こんなに良い人達に会えて、みなみはとっても恵まれていると思っています☆


最近はコメントも段々と増えて来ました!d(´∀`o)☆゚+。サンキゥ゚+。☆(o´∀`)b


ブログランキングの方も段々順位が上がって参りました☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ



感想とか書いてくれていて、凄く☆・゚:*(´ω`*人)ぅ。れ。し。。。


これも、見に来て下さる皆様のお陰デー(´Д`)ス(´ε`)



これからもみなみのどうしようもないブログwを

どうぞ宜しくお願い致します(ノ∇^*)

        
        ↑
結局今日もただの更新だけになってしまいました(;゚A゚)ゞモウシワケナイ;

1130-001.jpg



人気blogランキングへ ←ポチッと(●゚ω゚)<ヨロピーコ


スポンサーサイト
[PR]

オィ━━━━ヽ(*゚Д゚*)人(*゚Д゚*)ノ━━━━ッス!!
引き続きネタ無しのみなみです



そろそろ12月だというのに暇なのです。

どうしたものか…

来店して下さるお客様は常連様ばかりなので

大したネタも無く…寂しいw

折角皆さんが見に来てくれているのに(´;ェ;`)ウゥ・・・

ていうか、そろそろ店は混み始めないとヤバイと思うんだけどな?w

まいっか!

1129-004.jpg



人気blogランキングへ押してくださいネッ♪


( ´_ゝ`)ノコンバン―――――ワ)Д゚)・;'.、
ネタ無しみなみです。


今日は以前働いていたお店の同僚の話をUPしたいと思いますw
FGさん|//窓//|●´з`)<コッショリ アリガト☆)



その嬢はマユ
入ってきた時は、とても細く可愛いコでした。
何かと話しかけてくるので、色々と面倒を見ていました。



マユ「アタシ、みなみさん超好きなんですけどー!」

私「え?ありがとうw嬉しいよ^^」

マユ「着てるドレスいつも綺麗で可愛いし憧れちゃいます!」

私「そうかなぁ?マユちゃんもほっそくて可愛いよ?」

マユ「アタシなんて全然…お客さんも全然いないし…」

私「まだ入ったばかりなんだから!これからだ(σ・ω・)σYO」




なぁんて言ってたのに、あっという間にお客様がつき始めました。
マユは10代だったので、勢いと子供っぽさが売りでしたから
結構可愛がられるタイプだったのです☆




だ・け・ど!




ちょっと調子に乗ってきたのか、お客様の席でガンガンにオーダーを入れています。
そしていつも頼んでいるものは同じで




生ビールとから揚げ、そして外に注文のピザ!




まぁ店内のオーダーは売り上げにつくのですが、
外に注文するピザは売り上げになりません。




ただ喰いたいだけなのねw




いくら売り上げの為とはいえ、毎日のようにこんなデブ食を食べていては
太ってしまいますよねw
そして案の定




太ってしまったのです




そして2ヶ月ちょっとで太り始め
入店当時の面影はなく、ただのデブとなってしまったのですよヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ



そんなある日、私を指名してくれるお客様が言いました。
いろんな事にうるさいあの人が…



客「なぁこの間さぁ、お前が他の席に行ってた時のヘルプにマユがついてくれたんだけどさぁ…必死に営業されたぞ?w何だアイツ」

私「え?ホントに?あーでもまぁ、お金持ってる太いお客さん欲しかったんじゃないの?w」

客「そうなんだろうなwみえみえだったもんよ」

私「そうなんだぁ~ それでどうしたの?w」

客「勿論流しておいたよw面倒だからな!」

私「そうだよねwでも有難うね」

客「当たり前だろうwそれにさ…あんな北斗晶みたいなの絶対ヤダよ」



北斗晶ですか?!



そうなんですよ。
客があの鬼嫁の北斗晶と言ってしまう程に太ってしまっていたのです!


普通のドレスを着てるのだけれども、肩紐が食い込んでしまってプロレスラー並みの体つきに…


そりゃそうだ
だって、ビール片手にピザを頬張り
そしてピザを咥えたまま、また更にピザをお皿に移しているのです。
しかもそれはお客様の為では無く、自分の為に…



恐ろしい

明らかに喰いすぎです



しまいには、マユ自身のお客様にまで太り過ぎだと言われる始末…

私はそれから一ヶ月程で、その店を退店し他へと移りました。
そして、店を辞める間際に言われた事があります。



マユ「みなみさんは、何でそんなにスタイルいいんですか?羨ましいし、ヤキモチ焼いちゃいそうですぅ」



お前はバカか?



あんだけ飲み食いしてたら太るに決まってんだろ(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!
ヤキモチも何もあるかっての!!!!
体型管理も仕事の一つだと思っていますから、コレには反論



マユちゃんは食べすぎだと思うけど?



マユ「え~!やっぱりそうなのかなぁ…」


(-'д-) ハァ?
やっぱりとかじゃなく100%そうですからw
私は話を変えるべく、違う話を…


私「あ、そうだ!マユちゃんドレスいらない?」

マユ「え?いいんですか?欲しいですぅ♪」

私「じゃコレあげるよ!」

マユ「超可愛い!アリガトウ御座いますぅ」

私「うん、良かったら着てね!」


私はマユちゃんに真っ白でシルエットの綺麗なドレスをあげました。
その後、私は退店しました。
そしてその後、そのお店の友達嬢と連絡を取った時…
こんな事を聞いたのです。


嬢「そういえばさ、マユがみなみにもらったドレス入らなくて、着れないって言ってたよ。」

私「Σ('゚д゚'o)マジッスヵ?それってまた太ったって事?!」

嬢「そういう事になるねw」

私「最悪だね!そんなになったら恥ずかしくて水商売出来ないよ」

嬢「アタシも。」


他にも少しだけ会話をし、電話を切りました。
まだ太り続けているという事に驚いて会話全然覚えてないけどw


いやぁ~でも恐いですね
自己管理はしかっかりしておかないとこんな風になってしまうなんてw


みなみも気を付けなければいけないと思いました(*´∀`)

1128-001.jpg



人気blogランキングへ押してくださいネッ☆
コンバンワ━━━━o(*>_っ<)ノ゙━━━━!!!

二日連チャンでネタ無し状態ですぅ。゚(゚つД⊂゚)゚。

休みは嬉しいケド、面白い事がないんだな~


そろそろ画像のストックも無くなってキタ━(゚д゚)━!!

見に来て下さる方々、ホントに(;゚A゚)ゞモウシワケナイ;

また明日から仕事(ネタ探し)に精を出したいと思いますぅw

1127-001.jpg


人気blogランキングへ ←図々しい?w
オィ━━━━ヽ(*゚Д゚*)人(*゚Д゚*)ノ━━━━ッス!!
只今帰って参りました~


今日は忙しかった割には、ネタになるようなお客様もいなくて。゚(゚つД⊂゚)゚。


なんか、ひたすら「抱きたいよぉ」って言われる席とか

飲み過ぎてテンション上がりまくったお客様がいきなり



エラ呼吸しても良いですか?!



って叫んでたりして抱きつかれるし

そばに寄って来いって言われて、何かと思えば



お肌荒れてるよ うふふ←余計なお世話だ(´・д・`)バーカ



って言われてムカついたりw

中国人ですか?って聞かれたり←髪が黒いだけで中国人かよ(,,#゚Д゚)ゴルァ!!

君ってお客さんに厳しいよねって言われたり←当たり前の事しか言ってませんが?w

甘い物嫌いだって言ってんのに、無理矢理チョコレート食わされるし



今日は最悪の一日_| ̄|○




えへw今日は何だか愚痴の更新になってしまいました( ノД`)シクシク…

たまには許してちょゴメ━━(||゚д゚)━━ン…ッタラゴメ━━(||=人=)━━ン・・・


また面白いネタあったらUPしま~す!

今日はみなみの愚痴に付き合ってくれてd(´∀`o)☆゚+。サンキゥ゚+。☆(o´∀`)b

1126-005.jpg



人気blogランキングへ ←(●゚ω゚)<ヨロピーコ

20051127015405
やっとゆっくりトイレにきた~(>_<)
あと少しで終わりますぅ☆
帰ったらまたアップしま~す(^-^)/
今日は金曜日だというのにメッチャ暇でしたw
例によってみなみだけですけど(*´・д・)(・д・`*)ネー


ですが、一人来てくれたんですよー
お客様が!☆・゚:*(´ω`*人)ぅ。れ。し。。。
なんて思ったのが間違いでした_| ̄|○ハァ~
来てくれたのは良い事なのですが、このお客様は前回来た時に
トンでもない事をしでかしてくれた人なのです。
今日はその前回来た時のお話ですw



ボーイ「みなみさん、ご指名入りました。」

私「はぁい」



こうして私は席についたのですが…



私「今晩は~!お久し振りですね~」

客「そうだっけ?一ヶ月くらいだよね?」

私「そうですね、丁度一ヶ月ですね!」

客「そうかぁ、いや実は君の顔覚えてなかったんだよねw」




は?





私「え~そうなの?( ノД`)シクシク…」

客「マジで忘れてた!ははは」




自慢げに言う事じゃないしね




まぁいいやと思いつつ、お酒を作ろうとして
ボトルがほぼ空だという事に気が付きました。




私「ヾ(・ε・。)ネェネェボトル空だよ」

客「あ、じゃあ入れてよ」

私「はい、お願いしま~す」




こうして新しいボトルを入れ、なんだかんだと話をしていました。

ですがこのお客様、ロックで飲むのが好きらしくて
お酒がドンドン減って行くのです。
それに比例して、酔いも進んで来ました。


お連れ様がいたのですが、帰る時間ギリギリに電話が掛かって来た為外へ。
そして酔いまくりの、指名客はトイレに行くと言って席を立ったのです。




客「おー、ちょっとトイレ行ってくるれ~」

私「はい、いってらっしゃい!(ろれつ回ってねーw)」



なんて思っていましたが、そこは笑顔で返事しますw
しかしお客様は出口に向かって歩いて行ったのです。
私はヘルプに来てくれていた女のコと不思議そうに目をあわせて…




嬢「どこ行っちゃったんでしょうね?」

私「友達に声掛けに行ったんじゃないの?」




しかし、一向に戻って来る気配がありません。
もしかして、飲み逃げ?なんて思ったのですが、荷物が置きっ放し。
どうしたんだろうと思ったその時でした




ドン!ガタン!バタン!



シーン………




私「何か凄い音したよね?聞こえた?」

嬢「うん、聞こえた!何でしょうね?」

私「どうしたんだろう。ちょっと見てくるね!」



こうして様子を見に行った私ですが、トンでもない光景を見てしまったのですよ。
お客様の向かった方へ見に行ってみれば、女のコの更衣室から出てくるではないですか!



ナ━━━Σ(´-Д-`◎ノ)ノ━━━ニ?!


アンタ何でそっから出てくんのよ?
そこで何してたワケ?!


恐る恐る更衣室を覗いてみれば…




おちっこしちゃった。゚( ゚>∀<゚)σ゚。キャハハハ



って笑えないっての。バカ?



マジでありえん。
女子更衣室でシッコするなんて…【゚Д゚】【ハ】【ァ】【?】
しかも何事も無かったような



スッキリ顔( ゚д゚)、ペッ



おまけに女のコのドレスにかかってる…



最低だし_| ̄|○



もう何を話しかけても分かっていないようで、お会計だけでも何とか済まし、お帰り頂きました・・・・・・・・・・・・・・・・




そして、持ち物全てを忘れて行ったお客様…超間抜けw
翌日メールしましたよ。


内容

昨日は来てくれてありがとう!
結構酔ってたみたいだけど大丈夫だった?
それから、荷物全部忘れて行ったよ!
お店に保管してあるから取りに来てね★
夕方の5:00頃にはボーイしかいないから取りに行きやすいと思います。
早目にお願いします!
ではまた~



なんつって、ちょっと気を遣ってメールしたのです。
しかし返ってきたのは…


俺そんなに酔ってたの?
忘れ物ってナンダ



記憶なしw



なので送ってやりましたよ。



昨日はね、酔って女のコの更衣室でオシッコしちゃったんだよ(*´∀`)ヶラヶラ



とね…w
その後返信無しでした♪


おまけに早い時間に荷物を取りに来て
領収書までも書かせたそうです( ´,_ゝ`) プッ


これで返信してきて、ちょっとお店にでも寄ってくれたら
少しは「しょうがないよね」等とフォロー出来るのですが、無視されてはイライラだけが残ってしまいますねw


今日も何も無かったかのような顔で飲んでましたけどね?w


ってかシッコすんな(,,#゚Д゚)ゴルァ!!人気blogランキングへ ←ポチッっとして(ノェ)コッチョリ



1125-005.jpg






コンバンワ━━━━o(*>_っ<)ノ゙━━━━!!!

今日はランキングがた落ちの事ですぅ。゚(゚つД⊂゚)゚。

みなみのブログにも最近、ブログランキングなるものを付け

皆様に協力して頂いていたのですが、なんとなんと

リンクの貼り方が…




不正行為でした← ゥゎ━。゚(゚´Д`゚)゚。━ン!! 




みなみの張り方がルール違反だとは知らず、FC2様にご迷惑を掛けてしまいました( ノД`)シクシク…



みなみのブログを見に来て下さった方が(誰かはわかりませんが…)
どうやらFC2様の方へ





通報?w





したらしいのです。
(これはFC2様の方からメールが来て、通報があった為とありました)




だって、だって





(;ノД`)ダメって知らなかったんですもの



ブログ初心者どころかネット初心者なので、わからない事が多くて…




(;゚A゚)ゞモウシワケナイ;




そして、この 不正行為 の ペナルティ が、ランク下げという事でした(´;ェ;`)ウゥ・・・




ポチッとしてくれる方に少しでも楽しんで頂けたらと思って
やった事がこんな結果になってしまうなんて…。・゚・(つД`)・゚・。




みなみを応援して下さる方々にも多大な迷惑をお掛けしてしまった事を
ここでお詫びさせて頂きます。




_| ̄|○スイマセンでした!!!!




こんなおバカなみなみではありますが
これからも頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します!

1124-002.jpg



今日は自粛しようと思ったのですが…
そんなのは、みなみらしくないので貼りますw

宜しくお願いします!
    ↓


人気blogランキングへ
今日は散々な一日でした。
食べ物の恨みって恐いですね~w
まぁ今日の話は恨みってわけではないのですけど…



今日は久し振りに来てくれましたよ!
非常識なことが大嫌いな人が!
さてさて今日は何に怒ってしまったのかな~?



客「おぅ!元気にしてるかぁ?」

私「元気じゃないよ~!毎日私だけ暇だからw」

客「はっはっはっはwそうかそうか」




え?ちょっとはそんな事無いとか言ってよw




そして今日はお友達を連れて来てくれました。
お友達も前から知っているのですが、会うのはかなり久し振りでした。


連れ「みなみちゃん、元気だったの~?」

私「はい!元気でしたよ~^^」



こんな風に普通に始まったわけです。
そして、延長2時間目突入した辺りで



フルーツでも食うか!



て事になったのです。



私「いいね~、食べた~い

客「じゃあ一番大きいの宜しくな」

私「はいっ(・o・)ゞお願いしまーす」

ボーイ「はい、何でしょうか」

私「フルーツの一番大きいのください」

ボーイ「かしこまりました」



フルーツを頼んでからは普通に会話を楽しんでいました。

そして、私達の目の前の席には、オーダーを取りに来たボーイの友達が
飲みに来ていたのです。

しばらくして、その友達らしき客のところに
それはそれは大きなフルーツ盛が出てきたのです。




客「なぁ一時間以上経つけど、俺らんトコには出てこねぇな?」

私「ホントだよね?かなり遅いかも。」




そんな私達の所へ、先程のボーイがトコトコやってきました。




ボーイ「スイマセン!フルーツ無くなっちゃいました…




全員「(ー’д`ー;)ハァ??」


お前、今何て言ったんだ?
おいおい、やめてくれよ~。゚(゚つД⊂゚)゚。
なんて思ってたら…




プッティーン



(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)何か聞こえた!
キレた音が聞こえたーーーーーーーーーーー!!!!!!




「おぃ(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!」


客「てめー人をなめてんのか??あぁ?!


私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

客「毎回毎回おめーはよぉ!なんかやらかしてくれんなぁ?
  人をバカにすんのもいい加減にしろや(,,#゚Д゚)ゴルァ!!
  なんでおめーの友達んトコにはあんなデッケーの出しといて
  俺らには出せないんかい?!」


ボーイ「え?いや、あの…モゴモゴ…

客「何言ってんのか聞こえねーんだよヴォケッ!」

ボーイ「いやぁ…」

客「お前はスイマセンも言えねーのかよ、おい
  一時間以上待ってんだよ、こっちはよ!
  買いに走ってそれから作ったって出せんだろーがぁ」

ボーイ「や、ですが…」




こいつ(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ?




まず最初に謝れば良いものを、言い訳ばかりするからこんな事になるのですよw
こうなってしまったら、私にはもう止められませんし
明らかに店側のミスですから(*´∀`)



客「そうか、良くわかったよ。( ゚Д゚)∂゛チョットコイヤ



Σ('゚д゚'o)マジッスヵ?




とうとうそこまで怒らせてしまったのね…
まぁ取り敢えずついて行くか…




って(;ノД`)ダメ




恐る恐る見に行ってみればボーイは




ボッコボコ♪




一通りボコられた頃に、店長平謝りw
そんな店長を見ていて私は考えてしまいました…



あんた店長にさえ嫌われてんのね、とw
なんせボコられてるのを、止めにも来てもらえないのですから…

ホントに最近は常識がなってない人が多すぎますよね?
自分はこうなってはいけないというお手本を見てしまいました(*´∀`)ヶラヶラ

そして一緒に来ていたお友達はこう言っていました。

「あ~またかぁw怒ると止らないもんね~ははは!」

と、ゲラゲラ笑って見ていましたヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

1123-003.jpg




もう一発掌底だぁ!!←グーは痛いからw



人気blogランキングへ
(*´∀`)ノ゙ チ―――――――ッス!!!!!)д~))・;'.、
今日は休み前っていうのもあって混みました~
団体様が多かったですぅ
今日はその内の一人のお話w



今日は開店してすぐに15名様の団体様が入ってきました。
私はその席につくことになり、呼ばれました。



ボーイ「みなみさんもついてもらいますよ!」

私「わかりました~」

客「女の子適当に座ってくれれば良いよ~」



そして女の子は適当に座り、お酒を作り始めました。
私は、50歳くらいのおじ様につきました。



客「君ぃ、背ぇでかいね!」



やっぱりね_| ̄|○



私は席につくと、殆どのお客様にそう言われます。
私は身長が169cmで、店で履くヒールが大体9cm位の物を履いています。
なので178cmになっちゃうんですw




そりゃデカイよね




デカイね~とか大きいね~なんてのは慣れっ子です(*´∀`)



客「君、何でそんなに大きいの?」


知りませんよ



客「お父さんか、お母さんが大きいの?」



や、関係ないから



客「何を食べて育ってきたの?」



ここまで聞かれると




ウザ━(#゚益゚)≡○)Д`)・∵.━ィ!!



私の親が大きかろうが小さかろうが関係ないですぞ。
何を食べて育ったって…w



皆と同じです。・゚・(つД`)・゚・。



逆に、背が高くなる為の食べ物があるなら知りたい位ですよ(*´∀`)

1122-001.jpg


後もう1cmデカ過ぎだからw



人気blogランキングへ


それと、画像掲示板作ってみました!

書き込んで(*´・д・)(・д・`*)ネー


20051123022404
今日は休み前で忙しかったですぅ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
まだ着替える前で、今日は帰るのが遅くなりそう(ρ_-)o

また帰ったら更新したいと思います☆
今日は新横浜ラーメン博物館に行って来ました~♪


みなみはラーメン好きなのですぅ(*´∀`)
今回は、味噌ラーメンと焦がしラードの醤油ラーメンを食べてきました!


かなりお腹パンパンになりましたけどw
デブまっしぐらになってしまいそうです(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)


ラー博に入ってすぐに、お土産コーナーみたいなのがあるのですが
今回は面白そうなものを発見w


    コレ
     ↓
1121-001.jpg



期間限定でやっているらしく、自分で選んだ具材をいれたカップラーメンが作れるのです。
ちなみに、賞味期限は一ヶ月です。←短いよね


まずは、何も入っていない空のカップを300円で購入
          ↓
手を殺菌・消毒してからカップに賞味期限と書きたい絵を記入
          ↓
ここからは係りの方にお渡ししての作業になります
          ↓
麺を入れる為の器械にかけて、麺をカップに入れます
          ↓
自分の好きなカップラーメン用の粉末スープとかやくを選びます
スープの種類…
醤油・シーフード・カレー・塩

かやくの種類は…
たまご・豚肉・キムチ・グリーンアスパラ・チーズ・カニカマ・ひよこのナルト・ねぎ・コーン

          ↓
選んだら今度はカップに蓋をします
          ↓
最後に特殊なビニールにいれ、熱で収縮させて出来上がり!



と、こんな感じで作ったわけですが
平日の割には子供が多く、踏んずけてしまいそうでしたw←大変大変w 



焦がしラードのラーメンはみなみには無理だったけど、
カップラーメンが出来上がるまでを見る事が出来たので

ご機嫌で帰ってきました。(ёωё。)(。ёωё)。うふうふ♪

1121-002.jpg


人気blogランキングへ

三分待ちましょう←待ちませんアチャチャー(・ε・`;)ゞ⌒☆ペシッ

20051121192112
これはあんま美味しく無かったでつ

みなみだけかもしれないけど(´∀`)

人気blogランキングへ
おかわり!!←無理
200511211633072
実は今日もお休みをもらっていて
連休なのです(*^-^)b

なので、本日は遠出して新横浜のラーメン博物館に行ってきました!
てぃーす(/・ω・)(/・ω・)
昨日モツ鍋食べたのに
今日はキムチ鍋食べましたw
うまかった。


今日は日曜日なので、過去のお話を…


以前勤めていたお店で、とんでもないボーイさんがいたのです。
そのボーイさんは加藤さん(仮名?w)
加藤の年齢は40歳前後で、顔がデカイ
その加藤の、今では笑える話ですがその時はホントきつかったという話です。




私「おはようございま~す!」

嬢達「おはよー!!」

ボーイ「おはようございますっ」

加藤「お、お、お、お、おはようございますっ」

私「あ~…おはようございます…」




まぁ簡単に言えば私はこの加藤が苦手だったのですよw
みんなそうだったみたいだけど。
それは何故かと言うとですね



嬢「ねぇあたし、加藤にカレーもらったんだけど…」

私「え?良かったジャン、どこのカレーもらったの?」



私が「どこのカレー」と聞いたのは、今は結構ブランドみたいな感じで
レトルトカレーがありますよね?
そのカレーだと思って聞いたのです。
しかし…



嬢「それがね、どこのとかっていうんじゃなくて自分で作ってきたって言うの!!!!!!!!!!!!!!!」

私「【゚Д゚】【ハ】【ァ】【?】何か気持ち悪いね」

嬢「でしょでしょ?!こんなの絶対食べられないよぉ( ノД`)シクシク…」

私「確かにね。でも良かったじゃーん、好かれてるんじゃないの?w」




なんてからかっていたのですが…
私ももらっちゃったんですぅ_| ̄|○
しかも





ジップ○ックに入ってんの!!!кiмо....φ(´Д`|||)



コレは流石に泣きたくなるかも
なんかブヨブヨして気持ち悪い…
出来れば触りたくない…
何か入ってたらヤダ…



こんな感じで嫌われていたわけですよ。
そしてそして、ターゲットを絞った加藤は恐ろしいことをしていたのです。



ターゲットになってしまったのは、私の仲の良い嬢でした。
相変わらず、定期的にカレーをもらい
事あるごとに話しかけられていました。
私は仲が良いからこそ、それをニヤニヤしながらからかっていたのですが
どうやら本当にきつくなってきたようなのですw
話を聞いてみると…



嬢「ねぇ!ちょっと聞いてよ!」

私「なになに!どうしたの?何かあったの?」

嬢「はぁ~、この間ねミニ掃除機もらったの。」

私「意味わからんw」

嬢「でね、気持ち悪いから開けないでロッカーに閉まっておいたんだけど…」

私「開けたの?」

嬢「うん…何が入ってたと思う?」

私「そりゃ掃除機だ」

嬢「でもねその下に手紙が入ってたのぉ~もうヤダ~!!!!!。・゚・(つД`)・゚・。」



私はその手紙とやらを見せてもらいました
しかも、ビック○メラの小さな紙袋に入ってるし_| ̄|○
封はハートのシールでしたw

内容はこんな感じ




「○○さんへ
私がこのお店に入ってすぐに、貴女の事が好きになってしまいました。
入ったばかりの私に優しく接してくれて、とても嬉しかった…
そんな貴女の優しさに、私はノックアウトされてしまったのです!」




もうこの時点でかなりкiмо....φ(´Д`|||)なわけ
ノックアウトってなんなんだ
そんでもって




「こういうお店には、ボーイとキャストが付き合ってはいけないという
 ルールがあるのは知っています。
 罰金があることも、クビになる可能性もあるってことも…」




ならやめろー!!!




「でも、でも、貴女となら罰金も恐くない…
 どうかこの気持ち受け止めてはもらえませんか?お返事お待ちしてます…」




いんゃきんもっ!!!きーんもっ!!!

はい、もう一回

ヽ(;゚;∀;゚; )ノキッモヽ( ;゚;ж;゚;)ノキモキモヽ(;゚;∀;゚;)ノキモスギー


加藤よ、コレは返事以前の問題だな。
リスクがある事というのがわかっているのに他人を巻き込むな…



そしてこの手紙をもらってしまった嬢はかなりいっぱいいっぱいだったので
代わりに私が手紙を持って



幹部に直訴w



結果、加藤はクビになってしまいました。
その後、何も無かったかのように店は通常に戻り
カレーをもらう事もなくなりました(*´∀`)ヶラヶラ

1120-002.jpg


人気blogランキングへ
頑張れ加藤! ←o(゚Д゚)っムゥリ!でもポチッとして~ェ・`)ノ|Юガチャ



( ´_ゝ`)ノコンバン―――――ワ)Д゚)・;'.、
昨日、家の階段で五段程滑り落ちたみなみですw
ちなみに、お尻に痣が出来ました☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
1119-003.jpg




今日は土曜日で混みました~|Д◔ิ)
そして、大○凡人似と長州○力似の人に出会いましたw


これは小力との会話です…




私「いらっしゃいませ、今晩は~」

小力「あ、こ 今晩は」



うぅわ~喋り方まで似てるしw
なんかちょっとどもってるっていうか、こもってるというか…(*´∀`)




何か可愛い




小力「お、おで、あんまりこういうトコ来ないんだ…」

私「そうなんですか?じゃ今日はお友達に付き合ってるって感じかな?」

小力「そうそう。」

私「そっかぁ、でも今日は楽しんで行って下さいね!」

小力「う、うん」

私「そんなに緊張しないで下さいよぉ(笑)」

小力「ん~~~~~~~~」



ちょっとウゼ──(,,-´д`-)y──┛~~
なんて思いながら接客してましたw
最初は可愛いとかって思ったのに(*´∀`)



私「どんな女の子がタイプなんですか?」

小力「君みたいなコ結構好きだったりするかも。背も高いし。」

私「え?私ですか?有難う御座いますw」

小力「うん、君となら結婚しても良いよ。」




(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ?




頼んでませんから。
むしろスーパーに拒否しますから。



私「もぅ、お上手ですねwホントは結構飲みに行ってるんじゃないんですか?」

小力「全然そんな事無いよぉ」

私「え~ホント?」

小力「ホントホント!」

私「そっか…」



そして、次は何の話をしようかな~なんて思ってたら



小力「君と結婚したら、沖縄とかに住みたいな…」




へ?プラン出来てんの?



私「え?私達結婚する事になってんの?????」

小力「何、しないの」

私「え、ちょ、ちょっと考えさせて下さいよ~
1119-004.jpg




この私の返答もどうかと思いますが、小力の勢いにはビックリデー(´Д`)ス(´ε`)
この返事をした直後



小力「すぐに返事出来ないんなら、いらないや」




ε=_| ̄|○ プ~

って、こっちが願い下げじゃ(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!



私「何それ、すっごい感じ悪いよね」

小力「え?嘘?だってするんだと思ってたんだもん!」



この人イタイ…
色んな意味でイタイよ…


こういう人はキャバクラには行かない方が良いかと…


小力よ、お見合いパーティでも行きなさい。
そして二度と会いたくはない。
さようなら…小力…wwwwww

1119-005.jpg



小力に一票人気blogランキングへダメ?w

20051120033607
モツ鍋食べて帰りま~す(*´Д`)=з

お家に着いたらすぐ更新したいと思います!

待っててちょ☆


味の濃すぎたモツ鍋に1票人気blogランキングへ←あんま旨くなかった
またまた順位が上がっておりました才オォ(。゚Д゚)ォオ才

そしてコメントくれた皆様方|//窓//|●´з`)<コッショリ アリガト☆)

昨日書き忘れた事があるのですが・・・ 

20000HITしたら


オフ会したいな~…


みたいな事を言っていたのですが、皆さんどうでしょうか?

ただ、オフ会をやるといっても場所や日にちはまだまだ先になりますが。

やるとしたら場所は東京都内で日は12月になると思います(*´∀`)

良かったら皆さんのご意見を伺いたいので、

右のメールフォームからでも、メル下さい。(ёωё。)(。ёωё)。うふうふ♪

人気blogランキングへ←ここをポチッとな♪ブログランキング

1119-001.jpg


今日もこれから仕事の準備をして、行って来ま~す♪
帰って来てブログを見てみれば…


キタ━━y=-(゚д゚)・;',・━(゚д゚)・;',・━(゚д゚)・;',・━━ン!!!!


20000HIT!!!!!!

1118-002.jpg





かなりビックリして、一人でキャーキャーしてましたw
これってホントにホントに




皆様のおかげで御座います!!!!




そしてそして!
ブログランキング!




50位以内に入りました!!!!

。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。ヤッターン

1118-003.jpg





皆様には言葉では言い表せない様な感謝の気持ちでいっぱいです!
まだブログを始めたばかりのみなみを、
ここまで押し上げてくれたのは見に来て下さる皆様方デー(´Д`)ス(´ε`)
ホントに何と言えば良いのか…



有難う御座います!!!!



これからも頑張って更新して行きたいと思っておりますので
どうか、どうか宜しくお願い致します。(ёωё。)(。ёωё)。うふうふ♪

>1118-004.jpg




人気blogランキングへ

欲張り過ぎ?w
なんとなんと!


見に来て下さる皆さんに、ブログランキングのお願いをしたところ


あっという間に100位をきる事が出来ました。゚(゚つД⊂゚)゚。


もう本当に感謝の一言に尽きます!


有難う御座います☆


どうかこれからも宜しくお願い致します(・o・)ゞ



人気blogランキング


1118-001.jpg

( ´_ゝ`)ノコンバン―――――ワ)Д゜)・;'.、


前々から登録はしていたのですが、ブログランキングなるものに参加しているので
す。

ですが、今頃になってランクが中々上がっていない事に気が付いたのですw

なので、皆さん良かったら下にリンクを貼っておきますので

押して頂けたら☆・゜:*(´ω`*人)ぅ。れ。し。。。

宜しくお願い致します!

人気blogランキングへ
実は今日はお休みで、友達と出掛けて来ました(*´∀`)
楽しかったですぅ♪


だけどね~
友達が、私に会わせてみたい友達がいると言うので



私「(。-`ω´-)ンーしょうがないなぁ…」



と、快くOKをしたわけですよw
そして連れて来たのはごくごく普通の女の子。


友達「連れて来たよ~!この子はKちゃん」

私「初めまして!宜しくね(*´∀`)」


Kちゃん「初めまして~!宜しくデー(´Д`)ス(´ε`)」



声でかっ!
ビックリしたから!


この時点で私は、Kちゃんからただならぬ天然を感じ取ったわけですよ。
そして私達3人は居酒屋へと入りました。


まずまず普通に年はいくつだとか、なんの仕事してるとかっって
当たり障りのない話をしていました。


そしてふとした事から、洋服の話になりました。
どこで買ってるとか、どのブランドが好きとか…



私「ねぇ、Kちゃんはいつもどこで服買ったりしてるの?」

Kちゃん「私、洋服って買いに行ったことがないの~」




ハ~イ?(´д`)n ナンデスカァ?




私「…じゃあどうしてるの?」

Kちゃん「実はですね~、全部ネットで買ってるんですぅ」


私・友達「(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!


私「マジで?!」

Kちゃん「マジですよぉ!」

私「え?って事はさ、試着とか出来ないじゃん?」

Kちゃん「そうなんですぅ、だから3着に1着は着れなかったりするんです」



アリエナ━━━━川;゚;Д;゚;川━━━━イ!!



Kちゃん「だから、着れなかったのはまたヤフオクに出品するんですぅ」

私「へ~…そうなんだ…あっ、じゃあ靴とかは買いに行くんだよね?」

Kちゃん「や~靴も買ったのって何年前だろぉ?」

私「え?あまり買わないの?」

Kちゃん「(о゚д゚)оンート・・ブーツを2・3年前に買ったのが最後かもぉ」



Σ('゚д゚'o)マジッスヵ?




Kちゃん「雑貨とかも買いに行ってみたいけど、夜遅いとどこもやってないから…」

私「ドン○ホーテとか行けばいいじゃん。」

Kちゃん「その人は何人ですか?」←超真面目に聞いてる




ド━(゚Д゚)━ ン !!!




何人ときましたか…
人種聞いてきましたよ…



って、おかしいからっ!




完敗です_| ̄|○スイマセン


その後も、ランド○ーク知らないとか
みなとみらい知らないとか散々楽しませてくれましたw
仕事に行かずとも、ネタゲット!って感じでした♪


間違いなく純粋なコでしたが、Kちゃんのこれからがかなり心配になりました(*´・д・)(・д・`*)ネー

1117-006.jpg

ヾ( ´,_ゝ`【゚+.゚нёιιο゚+.゚】゚・・_,゚*)シ
今日はおかしい位に暇で、寝そうだったみなみですw



今日は過去にあったお話です



私は普段、「アフター」というものに行かないのですが
ごくごくたま~に行く事があるのです…



これはそんな、たま~に行ったアフターのお話です。




私「いらっしゃいませ^^」

客「お~久しぶりに来たよ~!」

私「きゃ~ホント久々だよねぇ!」



このお客様は、私にとっては太いお客様で
大事に大事にしていたのです。



客「おう、食いたいもんでも、飲みたいもんでも何でも頼め!」




ワァ━━━━━━(n'∀')η━━━━━━!!!!




私「いつも有難う御座いますw」



こんな感じでとっても気前が良いのです。
そして…



客「店終わったら飯でも食いに行くか?」

私「(о゚д゚)оンート・・・」



ちょっと考えるフリをしてから



私「うん!行こうよ」

客「おし!俺寿司食いたいから、寿司屋でいい?」

私「全然いいよぉ!」



こうして、お店が終わってからアフターになったわけです。
そして寿司屋でも…



客「好きなもん何でも食え!」

私「は~いw」



そして二人して
トロやらイクラやら好き放題食べたのです。



客「いやぁ~もう入らね~」

私「みなみも!おいしかった~w」

客「そうか、良かったな!」

私「うん、有難う!」

客「じゃあ そろそろ帰るか」

私「はーい」

客「おあいそっ!」




こうして店に来たときのように太っ腹だしまくりなわけですw


あー今日はラッキーだったなぁなんて思っていたらですよ…




客「あれっ?金が入ってねーや」





ん?なぁに?





客「お前の店で金使い過ぎたみたい。あははははw」





マ(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ジィィ!?





え?
それって一文無しって事よね?
それってアタシが払うって事よね?





きゃーーーーー_| ̄|○





ま、仕方ないっか テヘw
使わせ過ぎたアタシも悪いしね~





ってバカ!!




いっぱい食べちゃったっての
そんでもって、客が思う存分食った分もあるっての
会計は2万近かったっての_| ̄|○


これからは気を付けようと思いましたw
授業料にしてはちょいと高かったのかもね~(*´∀`)


なぁんて思ってたら、次の日にまた来てくれて
お寿司の分まで返してくれて、逆になんだか得しちゃいました!

1116-001.jpg

今日は寒かったですね~
店も寒かったですよ~



今日は女のコも少なくて、絶対混まないと思ってたのですが
急な団体様でメチャメチャになりましたw
この団体は8名様、当然私は付いたわけです


私が付いたのは、

43歳・独身・お金ナシ・ハゲ・デブ・メガネ
最悪なパターン



メガネ「今晩は、初めまして」

私「今晩は、お隣失礼します^^」

メガネ「どうぞぉ」

私「会社の飲み会ですか?」

メガネ「そうなんだよぉ 俺は来たく無かったんだけどね」




じゃ来るなよ




私「普段こういう所にはあまり飲みに行ったりはしないんですか?」

メガネ「う~ん 来ないねぇ 金無いし」

私「そうなんですかぁ~…」



うまく会話が進みませんアチャチャー(・ε・`;)ゞ⌒☆ペシッ
こういう人が結構、難しかったりするわけです。


まぁこんな感じで20分程時間が経過したのですが、
一向に呼ばれる気配がありません。
いつもならそろそろ呼ばれるはずなのですが…







ハ……(|||゚Д゚)……ッ!!!

今日は女のコ少ないんだった。゚(゚ノД`゚)゚。 ゎー





嫌な予感がして、ボーイをチラッと見ます。




無視!




こっちの気持ちに気付いている筈なのに
見ないフリしちゃってるんですよw



もう一度



(   <((●))> _ <((●))>  )ジィーッ





はい、無視ねw
女のコがいなくてどうにも回らんもんだから
付けっぱなし投げっぱなしですよw



そんな事してる間にハイピッチで飲んでいた
お客様が急に饒舌になってきたのです



客「今改めて見回してみたんだけどさ、アナタが一番綺麗な女性だね」

私「またぁ お上手ですねw」

客「いやいやホントに、僕の隣に来てくれてラッキーだったな」

私「もう~うまいんだから!」

客「話は変わるんだけどさ、この中で誰が一番お金持ちだと思う?」

私「え~…」



勿論ここで持ち上げる為に、自分が接客してる人を選びます。




が、




客「あっ、俺は貧乏人だから絶対違うよ?」

私「え~…(困ったなぁ)」



これじゃあどうしようもないので
適当に選んだわけです。



客「ブッブー!はずれ!」




(´゚ε゚` *) ハァ???




そんなの正直わかりませんっての!
みんな普通のスーツ着てて地味~な格好してるんですから。




「全然ダメだな~、目を見てわかるようにならなきゃ!」




大丈夫、お前だけは絶対金持ってそうに見えないから
心配ご無用ですよ。


それからこんな事も言われちゃいましたw



客「もしも君が僕に3万円くれたなら、ここにいる全員が
   君を指名したくなる程君をおだててあげるよ(笑)」




お前いっぺん死ぬか?あぁ?!←これ、心の声ねw



私「え~ホントですかぁ?( ゚д゚)、ペッ」

客「ホントホント!」



そしてこの苦痛な一時間の終わりが迫ってきた頃



ボーイ「みなみさん お願いします」



キタ━(゚д゚)━!!




って今更遅いよ!




私「じゃあまた機会があったら遊びに来てくださいね^^」

客「うん、今日は有難う」



超辛かった!
きつかった!
金払ってまでお世辞とかいらないしw
おだててもほしくないですw
久々に本気で楽しく出来なかった接客でした(´・ω・`)

1115-002.jpg

o(*´∀`)おっ──────はぁ────○)Д゚)・;'.、


今日はこの場をおかりして、応援して下さる皆さんに


(*・艸・)。+:*○тнайк чоц。+:*○を言いたくて…


御礼とお願いで、応援のコメントがかなりありまして


みなみはとっても嬉しかったです!


かなり元気付けられたので、これからも頑張れそうです☆


本当に有難う御座いました。


これからも宜しくお願い致します。
(*´∀`)ノ゙ チ―――――――ッス!!!!!)д~))・;\'.、
気がつけば朝ですなぁw
お肌に悪い悪いΣヽ(`ロ´;)ノハッ!


今日は、お前ホントに飲み歩いてるのか?
むしろ目ぇついてんのか?って感じのお客様がいました。



そのお客様は若いのですが社長業らしく、ちょっと偉そうに飲みに来ます。

どうやら、ウチの店の社長と仲が良いらしく
ゴルフや飲みに一緒に良く行くそうなのです。



バカ社長「俺さぁ、ちゃんとこまめに営業してくる女のコ好きなんだよね。」

私「へぇ~そうなんですかぁ」

バカ社長「うん、メールしたらメールで、電話したら電話で返してくれるコじゃないと嫌なんだよねw」



こまかっ



私「へぇ~…( ゚д゚)、ペッ」

バカ社長「そういやさぁ、この間の体入のコでスゲーいい女いたよな?」

私「え?いました?」



実は正直な所、ここ最近の体入のコはハズレばかりだったので
私にはわからなかったのです…


バカ社長「おぅ!いたよ!2・3日前に来てたコ」

私「(о゚д゚)оンート・・・」

バカ社長「ほらぁ、白いドレス着てて友達と来てたコだよぉ」

私「!!!!!あぁ いましたねw」


この社長が言っているコは、お世辞にも可愛いとか綺麗とか言えなかったのです…
ようはブサ……ハ……(|||゚Д゚)……ッ!!!だったのです
ですが社長は


バカ社長「いやぁ あのコはこの店じゃもったいないよ うん」

私「へ~そうだったんですかぁ」

バカ社長「うん ありゃあ六本木とか銀座あたり行ったら
      見た目だけで6000円はつくね!(自信満々)」



【゚Д゚】【ハ】【ァ】【?】



お前の目は節穴なのか?
深海魚が釣り上げられちゃったみたいに目ぇ飛び出してて
歯並び滅茶苦茶で、歯茎ちゃんのどこを見て
6000円と?!
ならばウチの店のNO1は、



自給100万くらいですぞ?!




お前大して飲み歩いてないだろ



今まで何を見てきたんだ(,,#゚Д゚):∴;\'・,;`:ゴルァ!!



まっっったく!
こんなんで


「俺は超飲み歩いてるゼ~」


みたいなのはヤメテくれ。
こっちが恥ずかしくなるっちゅーのil||li _| ̄|○ il||li

1114-001.jpg

20051115002404
なんだかキレイだったので、撮ってみましたぁ~。
帰ったらまたアップしま~す(^O^)/
10000アクセス&12000アクセス


ありがとうございます。


毎日来ていただいている皆様のおかげです。



20000アクセスの記念はオフ会なんてできたらなぁと思ってます。



それと恐縮ですがお願いがあります。
みなみに対してコメント&メールをいただけるのはスゴクうれしいです。
しかしながら卑猥な言葉を書いたり言い表せない様ないやらしいことを書いてくる方がいます。
不快ですし、続ける気力もなくなります。
仕事から帰って更新するのが楽しくて・・・・
皆様とコミュニケーションが取れるのがうれしくて
ただそれだけで更新しています。

このような事が続けば最悪終わりにするしかなくなってしまします。

お願いです。辞めてください!


YAHOOアドレスを使って拒否しても送ってくる


あ・な・た


ログ等すべて記録しています。


今後その様なメールを送ってきたら断固たる処置

をします。威力業務妨害、脅迫、名誉毀損その他

に該当します。


プロバイダーに通告の上被害届けを出します。




脅しではありません!!!

みんなが楽しむ場所です。


楽しみにしている方はこんな文章読みたくないですよね?
本当にお願いです。
自分のブログを作ってそこでやってください!
YAHOOアドレスのアナタ!

その他の方々本当にごめんなさい。

気分を悪くされたかと思いますが

ずっとみなみ自身の楽しみを壊さないための自己防衛です。
お許しください。

いやぁ~今日も自分だけ暇だったみなみですw


今日も来ちゃったんですね~



ダンディ



今日は土曜日という事もあって、お店は混んでいました。
そんな中一人の男性を見つけてしまったのです!


私はあのメールが来てからスーパースルーしてたので
勿論指名は他のコに…
しかし私はそのコと仲が良かったのですw


変なメールが来た事も、接客してる時も辛かった等と
全て話していたのです♪
そして自分は二度と関わる事は無いだろうと思っていたのです…



しか~し



今日は混んでいたために、「待ち」が出ていたのです。
そしてタイミング悪く、ダンディが待っている所に鉢合せ…。゚(゚ノД`゚)゚。 ゎー




ダンディ「あっ…」

私(うぅわぁ~ ヤダなぁ(´・ω・`) )「いらっしゃいませ(笑顔)」



私の笑顔に安心したのか、こともあろうことに話しかけてきました。



ダンディ「やぁ 僕のこと覚えてるかぃ?」



えぇ 覚えてますとも



私「覚えてますよぉ~!お元気でしたか?」

ダンディ「おぉ!元気だよ。君も元気そうだね

私「元気ですよ^^もう少々お待ち下さいね☆失礼します」



こう言って私はダンディから逃れたわけですw
そして私はその後の席で場内を頂いて、一生懸命だったわけです。
そんな私に…



黒服「みなみさん お願いします」

私「??? はい、行きます。」

黒服「場内入ってます。」

私「え?どこですか?」

黒服「ダンディさんの席です!」




マジで?!

マジで?!



ダンディ「おぉ~来たねぇ。まぁ隣座って座って!」




いーやーだーil||li _| ̄|○ il||li


横に座りましたとも えぇ
しかもこの間と同じ服着てるしぃ あぁ~~~~


ダンディ「いやぁ 今日はさ どうしても君と話がしたくてね
      ボーイさんにお願いしたんだよ!」



アタシは頼んでねー!!



むしろダンディが来たときはヘルプにすら付きたくないって
言ってたのに…



ダンディ「ホントはね?君を指名したくて、メールしてから
      何日かしてお店に来たんだよ!
      そしたら君はお休みだったんだ…」



つーか いましたから



アタシがいないって言ったら、店が休みの日曜日くらいなもんですよ。




(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ?




ダンディ「それで、その時付いてくれたコが凄く感じ良くて…
      だからそのコ指名になったんだよ」

私「それはダンディさんが決めた事ですから、何も問題ありませんよ!」

ダンディ「んー ありがとう」

私「いえいえ(笑顔)」

ダンディ「だけど、君を食事に誘えなかった事が一番の後悔なんだ…」

私「え?そうなんですか?」

ダンディ「んーそうなんだよぉ 君が休みの日に誘ってもいいかい?」



無理だよ(´・д・`)バーカ



なんで指名もされてないのに、食事行くんだ(σ・ω・)σYO
お水の世界には一応ルールってもんがあんだよ(,,#゚Д゚)ヴォケッ!!



ダンディ「やっぱりダメだよなぁ んー そうだよなぁ」



往生際悪ぃ~…(|||゚Д゚)…



ダンディに付いたのはほんの5分か10分でしたが、
かなりコユイ時間を過ごしたような錯覚が起きました コワー



そして席を抜ける時には


ダンディ「今度電話してもいいかい?」
 
私「えぇ いいですよっ!」



絶対出ないけどね




こんな簡単にあっちこっちに声を掛けるような男性は
やっぱり信用は出来ませんので…w
変な事に巻き込まれたくもないしね~


しかし、自分で格好悪いと思わないのかな~?

あっ 思わないからやるんですよね~w

はぁ~楽しかった(*´∀`)ヶラヶラ


1113-002.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。